作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像
プロフィール

1985年に渡米、ニューヨークとデンバーでフラワーデザインを学び
93年帰国後、ゴトウ花店入社。同社帝国ホテル店長を経て、イタリア、フランス、ドイツにてデザイン研修。
96年のローマ市長晩餐会を皮切りに、世界中のセレブが愛用するハイブランド、名だたる一流メーカーより
オファーを受け、フラワーデコレーションを担当。
2004年独立、バリのアマンリゾートホテルのフラワーデコレーションを監修。
2008年株式会社マサ&アーティストを設立。
2010年『フラワー&アートデザイン協会』会長。
2012年パレスホテル東京『MUKU』wedding 装花のデザイン監修。 エグゼクティブアートディレクターとして就任。 現在、フラワーアーティストをして国際的に活動し、ダイナミックかつ独創的なデザインを提案している。

提案するのは、あなたらしさを一緒に見つける時間。

WEDDINGに決まったカタチはありません。
二人の新しいスタートである結婚式。また、これからの二人にとって、その結婚式は立ちもどれる場所で あって欲しいと願っています。 もし、あなたがサーファーで二人のデートが海であれば、主役はサーフボード。 エントランスには、サーフボードのウェルカムボードや、白い砂でデコレーションして、 海岸をイメージさせてもいい。 プロポーズされたのが、ロマンチックなバーだったとしたら、花よりもふんだんにキャンドルを 並べて、東京のビル群のようなキャンドルパーティーでもいい。 花というのは、人それぞれ喚起する記憶や感情が違います。 たとえば、歌なら悲しい曲はだれが歌っても悲しく聞こえる。だけど、花はそれぞれ。 結婚式で持ったブーケの香りが、幸せを感じる香りになればいい。

あなたの幸せなシーンを表現する。

あなたにとって心地いいシーンは、これからのお二人にとって幸せの記憶になってほしいと願っています。

概念にとらわれない新しいWEDDING 。
自由に、『創る』ことを楽しんでください。
そして、花の魅力をたっぷり感じてください。

MASSA NAKAGAWA

ページ上に戻る